韓紙工芸とは

韓紙(はんじ)工芸とは… 


韓国の手すきの紙「はんじ」を用いた伝統の工芸です。厚紙や木の骨格に、のりで紙を貼ります。その上に韓紙を切り出した伝統文様を配置し装飾していきます。小物から家具まで、実用的で美しくどなたでも気軽に始められるのがその特長です。

韓紙は、繊細な和紙と比べてやぶれにくく丈夫だという点ですが、その違いは原料となる楮(こうぞ)の木から取れる繊維の質の違いによります。韓国で取れる楮の繊維が比較的じょうぶで長く、実用的な工芸に適した韓紙を作り出したといえます。それとは多少異なり繊細な和紙は、とくに書道や絵画の方面に多く使用されるようになったと言われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check